邪馬台国研究

当法人で、邪馬台国研究を始めました。

これまでの定説の間違いを認め、日本国の始まりを探り、再び日本が強く栄える礎となる事を目的としています。松浦国から伊都国、そこから不弥国を経て投馬国、邪馬台国に至る本当の道筋を示したいと思います。


カテゴリー: 歴史文化交流事業 | 邪馬台国研究 はコメントを受け付けていません。

技術者の育成への取り組み

現在、ソフトウェア開発技術者の育成と働き場所の提供を行っております。主婦や失業者の方で、技術者を目指したい方を歓迎しています。設計の上流工程から開発・単体テストについて、様々な課題を通して学んでもらいます。

ある程度技術を習得した段階で、各人の適性を見て開発現場を紹介します。


カテゴリー: 経済活性化事業, 地域づくり事業, 人材育成事業 | 技術者の育成への取り組み はコメントを受け付けていません。

福岡県美しいまちづくり協議会総会

8月18日、総会出席のために福岡県庁を訪問した。

ここでは理事の選任、年間スケジュール、景観大会事業公募についての議論が行われた。

福岡県下にはどのような景観特性が存在するのかの調査や検討が行われ、それぞれの地域で流域や里やま保全が行われてきた。そのなかで絵画展や写真展があり、活動団体や個人を表彰してきた。

ただそれだけでは表面的ではないだろうか。環境保全はあまりお金にならない。だからそこに爆発的な広がりは期待できない。我々はこの国が抱える根本的な問題を通して、環境保全を考えていく必要があると考えている。

人の問題を解決する事が必要だ。現在の山間農村部は、高齢化率が40%を越える過疎に苦しむ所が多い。このまますると集落が消滅してしまう。そうなれば一部の団体で行われている里やまの保全は、まったくの無に帰すだろう。ここにどう人を入れていくか、また山などの複雑な共有地をどう相続させていけるか、環境保全も結局はここに帰す問題だと思っている。

批判もあるかもしれないが、人口減少期における個人の土地所有権についても、もっと議論が必要ではないかと思うのである。

文責:井下田清智

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 総合, 地域づくり事業 | 福岡県美しいまちづくり協議会総会 はコメントを受け付けていません。